引越し業者の種類と特徴(大手・中小・専門・兼業)

引越し業者は様々な形態があり専門で行なう業者や貨物などの輸送業務の1つとして行なっている兼業業者があります。


引越しの専門業者は車両や資材、業務を行なうスタッフに充実した教育などが行なわれており、スタッフの対応も安定している業者になります。


それ以外にもオプションサービスで荷造りや荷解きなど専門業者ならではのものがありますが、スタッフのレベルが安定していることもあり料金や価格は兼業業者よりも割高になります。


兼業業者の場合では引越しの依頼があった場合のみ引越し業務を行なう業者になり、必要最低限の資材などは準備されていますが作業に慣れていないスタッフが対応することもあります。そのため専門の教育を受けたスタッフがいないため、料金なども専門業者に比べ安くなります。


また引越し業者にも全国展開している大手業者や地域に密着している中小業者などがあり、それぞれで特徴が違います。


大手業者は全国展開していることはもちろんCMなどで認知度も高いため信用度もあり、全体的に高水準のサービスを提供しているものになり、料金などもその分高くなっています。


しかし繁忙期などは正規スタッフでは人手が足りなくなるため、アルバイトスタッフを雇っている業者も多くあります。


地域密着型の中小業者は引越し業者の中でも数が多く、需要も大きいため料金の差が激しくなりますが料金は安く済むところが多くあります。また短期間で多くの依頼を行なっていくため、経験豊富なスタッフが育ちやすく満足のいくサービスを受けることができます。


このように引越し業者にはさまざまな形態があり、業者を選ぶ際にはそれぞれの特徴を踏まえ自分に合ったサービスを受けられる業者を選びましょう。