段ボールで料金節約は可能?

引越しの際に出来るだけ費用を安く抑えたいと考えるのはどなたも考えることですが、費用を抑えるためにはまず荷物の量を減らして運送する段ボールの数を減らすのが良いでしょう。


引越しの料金は使用するトラックの大きさ、つまり荷物の量で大きく変わってきます。
家電や家具を減らすことが難しいのであればその分、荷造りした段ボールの数を減らしてコストを節約するようにしましょう。


そのためにも不用品、読まなくなった雑誌、一年以上来ていない衣類などをどんどん整理して室内の荷物を少なくすることが大切です。こうしておけば、新居で生活をスタートした時に余分なものがないスタイリッシュな空間を演出することもでき、一石二鳥です。

また、出来るだけ引越し費用を安くするために出来る工夫は他にもあります。
例えば引越しするシーズンや時間帯です。


転居が一番活発になる年度末の3月は業者も忙しいので料金が下がりにくいということがあります。そこで可能ならハイシーズンを避けて引越しをすると値引き交渉もしやすいというメリットがあります。


また多くの方が引越しを希望するの曜日が会社が休みの週末です。
もちろんこの週末の料金は値下げしにくくなりますので、可能であれば、平日に引越しを希望すれば値下げに応じてもらう可能性もあります。


同様に午前中に業者に運搬してもらい、午後にゆっくり荷解きをしたいというのは多くの方が希望することですから、こうした時間帯の希望を出さずに、業者にお任せすると業者は都合の良い時間帯に引越しを入れてくる代わりに、料金を値引きしてくれることもあります。


このような段ボールの数、荷物の量を減らすという工夫の他にもシーズンや時間帯をずらすことでより有利な価格で転居することができます。