パスポートの住所変更が必要な場合とは(本籍地)

引越しをしても、住所が変わっただけでは住所変更の手続きのみでパスポートの情報の更新手続きは発生しません。もし、氏名や本籍地の変更が発生した場合には、パスポートの記載情報の変更も必要になってきます。

 

パスポートの変更が必要な場合とは?

具体的には、婚姻や養子縁組などで、戸籍上の性の変更が発生した場合や、家庭裁判所の許可を得て、戸籍上の性または名を変更した場合になります。申請に必要なものは、戸籍謄本、運転免許、印鑑等になります。

 

結婚した場合は更新が必要

結婚を機に引っ越した場合には、パスポートに記載されている情報の更新が必要になってきます。忘れずに更新手続きをするように心がけましょう。また、旦那さん等に代理申請を行ってもらうのも可能ですが、その場合には代理委任状と代理人の運転免許等の本人確認書類が必要です。変更は急いでする必要はありませんが、パスポートの記載が旧本籍地の場合には登場できない場合が発生する可能性がありますので、忘れずに変更手続きを実施しておきましょう。

申請にあたっては、旅券課窓口において、一般旅券発給申請書がありますので、記載事項の記入を行い申請すれば、すぐに変更が可能です。戸籍謄本の場合には、半年前までに受領したものであれば、何も問題なく申請手続きを進めることが可能です。

 

受け取りは絶対本人じゃないとダメ

また、地方在住の方が東京でパスポートの変更を行う場合等は、住民票を持参することも必要になりますので、忘れずに持参するように心がけましょう。注意しないといけないのは、申請については代理申請が可能ですが、受取については本人でないと受け取れない点です。間違って代理人に取りに行ってもらったりしないように気をつけましょう。変更手数料は六千円程度です。本籍地に変更が発生した場合には忘れずに変更するように心がけましょう。