転校手続きについて(私立・公立・小中高)

子供の転校を伴う引越しをする場合、早めに手続きをしておくことをおすすめします。小学校、中学校、高校などの種別によっても方法は異なり、私立と公立でも異なります。ギリギリになってから進めて、万が一間に合わない、などということになれば、子供が学校に行けなくなってしまいます。新生活のはじめから躓くようなことは避けなければなりません。

 

公立の小学校、中学校の場合

まずは公立の小学校、中学校の場合を見ていきましょう。地域によって多少違うこともありますが、義務教育ですので基本的には同じです。まずは通っている学校の担任の先生に、引越しで転校することを伝えましょう。すると学校から転校手続きに必要となる書類が渡されます。渡された書類に必要事項を記入して提出すると、ほどなく役所での手続きに必要な書類を渡されます。それを持って、役所で転出の手続きを行いましょう。新住所では転入届を提出します。新住所での住民票を持って新しい学校の教育委員会に行くと、転入に必要な書類を発行してもらえます。これらの書類を新しい学校に提出すれば完了です。

 

私立の小中学校への転入は?

私立の小中学校へ転入したい場合は、まず学校に問い合わせをしましょう。そもそも空きがなくて受け入れてもらえない可能性もあります。公立から私立の場合、旧住所でするべきステップは先ほどとほぼ同じです。私立同士なら、転出する学校と転入する学校それぞれに詳しく方法を聞きながら進めていきましょう。

 

高校の転入について

高校は義務教育ではありませんので、たとえ公立であっても好きな学校へ転校できるわけではありません。手続きの方法も都道府県によって異なります。担任の先生を通じて進めていきましょう。同程度のレベルの公立高校への編入であっても、試験に合格することが条件です。

 

私立高校への編入はハードル高め

私立の高校への編入は、さらにハードルが高くなります。やはり欠員がある場合にのみ受け入れが可能で、試験を受ける必要があります。親や本人との面談も必須条件となっていることがほとんどです。まずは編入したい旨を連絡し、相談するところから始めてください。