固定電話の引越し手続きについて

引越しの際には、固定電話の移転手続きが必要になります。固定電話の移転手続きは、引越しの日時が決まった時点で申し込みをした方が良いでしょう。


早い段階で引越しが決まっている場合については、遅くとも1週間前に申し込みをしておくのがおすすめです。またインターネット回線と一緒になっているサービスの場合は、そちらの設定も必要になり、手続きや工事などに時間がかかる場合があるので、1週間前ではなく3週間ほど前に申し込んだ方が手続きをスムーズに行うことができます。

固定電話の引越し手続きに必要になるものは主に以下の5つになります。

  • 現在使用している電話番号
  • 電話の契約者名義人
  • 現在の住所と新しい住所
  • 希望の取り外し日と取り付け日
  • 口座振替や請求などの料金支払いの連絡


必要なものの中に新しい住所と取り付け日が含まれているため、先に引越しの手続きが決まっている必要があるのです。

 

移転手続きの費用と申込方法について

移転手続きの費用については、大体の場合1万円前後と考えておくと良いでしょう。取り付け方法や内容によっては前後する可能性がありますが、それほど高い料金ではありません。
取り付け時間も30分から2時間程度になります。

申込方法はそれほど難しくありません。固定電話から局番なしで116に連絡をするだけです。インターネットからもNTTのホームページから申し込むことが可能になっていますので、電話をするのが面倒な方はインターネットの方が気軽に申し込むことができるでしょう。受付時間は基本的に9時~17時となっており、年末年始を除いた土日祝日でも申し込むことができます。

引越ししたら新しい電話番号になるのかといった疑問がありますが、基本的に収容局が異なる地域になれば電話番号は変更になります。申し込む時に以前の電話番号に連絡をしたら新しい電話番号に案内してくれるサービスもあります。このサービスは、予約制/無料で利用できますので忘れずに申し込みと合わせて連絡しておきましょう。