引越しは、ハトのマークの引越センターで無事終了!

ハトのマークの引越センターはとても良い引越し業者さんだと思います。

私たち家族は、2か月ほど前に福岡から大阪へ引越ししてきました。私の転勤が理由だったので、単身赴任の考えましたが、赴任期間がいつまでになるか分からないといわれ、先が見えない中での単身赴任をするなら家族と一緒が良いと思い、引越しを決断しました。

 

今回の引越では、ハトのマークの引越センターの「楽々プラン」というコースで引越しをしました。実は仕事の関係で、どうしても私だけ先に大阪へ行かなくてはならなくなり、福岡へ家族を置いたままでの引越しとなってしまったのです。そのため、出来るだけ家族には迷惑を掛けずに済むプランでお願いしたいと思い、この楽々プランを選びました。

楽々プランとは、その名のとおり、こちら側がやることはほとんどない、楽なプランです。引越し資材の準備から荷造り・荷解き・家具の設置や資材回収までのすべてを業者さんがやってくれるというプランです。

 

残念ながら引越し当日も私は大阪から福岡へ戻ることが出来ず、当日は福岡に住んでいる私の兄に手伝いをお願いしました(妻と子供だけだと少し不安な思いもあったので)。ただ、楽々プランでは、引越しの準備という準備もほとんどする必要がなく、引越し当日まで我が家はいつも通りの生活をしていたようです。当日は朝10時ころにスタッフさんが到着し、専用の資材やボックスを使って梱包をし始め、大型の家具や小物類、食器など、すべてを梱包してくれたようです。ほとんどの作業は午前中に終わり、あとは輸送・搬入・荷解きです。家族は新幹線で大阪の新居へ。引越しのトラックは翌々日に大阪へ到着しました。荷物が到着する日は、運よく私も休みが取れたので、家族と一緒に搬入や荷解きの手伝いを軽くやりました。ただ、荷解きまでのすべてがサービスだったので、私たちは、荷解きをしていただいている間に、新生活に必要なものを買いに行ったり、ご飯を食べに行ったりできました。妻は、慣れない大阪の街を少しでも早く知りたいと、娘と2人で散歩に出かけたりしていましたね。

 

結局、楽々プランのおかげで、私たち家族はほとんど苦労することなく引越しを終えることが出来ました。すべての作業をやってくれるというプランは、最初は大丈夫かなという不安もあったのですが、終わってみればとても助かることばかりで、ハトのマークの引越センターのスタッフさんには本当に感謝しています。

料金は、遠距離であるということも重なって少々高くつきましたが、サービスや対応などを見ていると非常に満足できるものでしたし、特にトラブルもなく無事に引越しが終わったことでとにかくほっとしています。

 

 

ハトのマークの引越センター「標準プラン」で引越し成功!

先月、家族5人での引越しを無事に終えることが出来ました。

単身赴任での引越は今までも数回やったことがあったのですが、家族での引越しは今回が初めてだったので、色々大変なこともありました。まずは引越し業者選び。単身の時は、クロネコさんだったり日通さんだったりにお願いすることが多く、何となく段取りも分かっているので特に大変なことはなかったのですが、家族での引越しとなると、どうやらクロネコや日通さんよりも、引越し専門の業者さんに頼んだ方が良いのでは?という気がしてきて、大手業者を中心にインターネットで調べてみました。

アート引越センターやサカイ引越センター、アリさんマークの引越社などの大手業者はやはり家族向けのプランも色々充実していて、正直かなり迷ってしまいました。そこで私が利用したのが、一括見積りです。大手だけでなく格安で引越しが出来るという中小業者も含めて一括で見積もりができるとのことだったので、早速やってみました。

連絡がきたのは4社くらいだったの思います。見積もり依頼スタートのボタンを押してから、本当に1時間も経たないくらいの間に4社すべてから連絡があり、電話で見積もり金額を提示して頂きました。ほかの業者にも問い合わせしてありますと伝えると、業者側から他社よりも安くしますという値引き交渉があり、最初の見積もり金額よりも安くなるところがほとんどでした。その中でも一番印象が良く、料金的にも安心できたのが、ハトのマークの引越センターです。

実は、大手業者にも関わらずその存在自体をあまり認識していなかったので、最初は中小業者かなと思ったのですが、ネットですぐに口コミや知恵袋などを見てみると、ひょっとしたらアートやサカイと並ぶくらいの大手業者だと知ってびっくりしました。

そのままハトのマークの引越センターと交渉し、無事契約が成立しました。選んだプランは、「標準プラン」という一番スタンダードなプランです。荷造り・荷解きは家族で行うというプランなのですが、梱包用の資材をハトのマークの引越センター側が用意してくれるというのが大きなポイントです。節約プランというのもあるのですが、これは資材の調達を自分たちでしなければならないので、実は手間がかかってしまうようです。うちの場合は、5人家族の引越しだったので、必要な段ボールの数もかなり多く、ガムテープなども業者さんが用意してくれたので非常に助かりました。

 

大型の家具、所謂タンスやベッドなどはすべて当日にハトのマークの引越センターのスタッフさんが梱包から搬出・搬入までをやってくれました。私たちがやったのは、引越し当日までの荷造り準備と、引越し後の荷解きだけです。十分それだけでも骨の折れる作業ではありましたが、料金も良心的な額でしたし満足しています。

 

ハトのマークの引越センターの引越では、エコプランという引越しの方法がとられています。環境にやさしい引越しです。エコプラン用のボックスにはマジックテープが使われていたり、テレビなどに使う梱包資材は段ボールではなくリユース資材に。また、すごく助かったのが、引越し後の資材回収です。ごみとして捨てる段ボールは、指定の日にすべて引き取ってくれるのもエコプランのうれしいポイントです。

ハトのマークの引越センター。かなり良い引越し業者さんだと思います。

 

 

ハトのマークの引越センターの節約プランで引越し無事終了。

家族3人での引越しをしました。

家族は、妻と小学2年生の息子。今回は、東京から埼玉への引越しだったので、そこそこ移動距離もありましたが、引っ越し準備には苦労しないだろうと思い、ハトのマークの引越センターの「節約プラン」を選びました。

 

節約プランの内容は、荷造り資材の準備、小物の荷造りおよび荷解きを家族で行い、大型家具の梱包や、搬出、搬入、家具の配置などをハトのマークの引越センターのスタッフがやってくれるというプランになります。

問題は荷造りでした。まずは段ボールを大量に手に入れて、小物や雑貨、本、CD類などを種類別に分けて梱包していきます。何を入れる箱を用意すればよいのかというところから始まったので、どれだけの段ボール箱を用意すればよいのか、それを決めるだけでも結構な時間がかかってしまいました。

一番大変だったのが、食器の梱包作業です。食器って、本当に割れやすいんですよね。一枚一枚新聞紙に包んで丁寧に並べて梱包していきました。あまり1つの段ボール箱に入れすぎると一度に受けるダメージでお皿がたくさん割れてしまいそうだったので、出来るだけ軽いものを重い陶器類や大きなお皿をうまく分別しながらの梱包でした。結果的には、1枚だけヒビが入ってしまっていて使えなくなってしまいましたが、それ以外は無事でした。食器のトラブルに関しては、自分たちで梱包しているのでしょうがないと思います。今は食器専用の梱包資材を使っている業者もあるようで、今度はそんな資材を使えるとよいなと思いました。

 

ハトのマークの引越センターのスタッフさんは、みな笑顔でとても印象が良かったですね。若い、まだ始めたばかりのようなスタッフさんもいましたが、きっちり上の人の指示通りにテキパキと動いてくれて気持ちよかったですね。荷造りについては、ちょっと準備不足になってしまっているところもあったのですが、当日にスタッフさんが気づいて対応してくれました。何だか申し訳ないような気持ちになってしまいましたが、丁寧に対応して頂いたので嬉しかったです。

 

荷解きに関しては家族で頑張りました。搬入の際に、大きな家具や家電の設置はすべてスタッフさんがやってくれたので、子供が危ない目に遭うこともなく、無事に運び込むことができました。小さな子供がいる家庭では、大きなタンスや冷蔵庫などを運び込むのが大変だと思います。やんちゃ盛りの2歳や3歳ころのお子さんだと余計に大変ですよね。だから大型家具の設置をしていただけるだけで、新居での荷解きはかなり楽になりました。

 

細かい雑貨や食器類については、私が仕事をしている間に家内が片付けをしてくれていたので僕自身はあまり手伝うことができませんでしたが、小物のみの片付けだったので妻1人でもできたんだと思います。

 

自分達で行う作業が多い「節約プラン」だったので、名前の通り料金は安めだったと思います。相場料金は参考にならないと聞いて、一括見積りで見積もり依頼をしたのですが、一番安かったのがハトのマークの引越センターのスタッフでしたから、もうそのまま契約しました。

一括見積りも、業者選びに困っている人や悩んでしまっている人にはおすすめですね。何というか、料金が安くなるのもいいですけど、とりあえず決まるまでが早いです。おすすめですよ。