ハトのマークの引越センター「標準プラン」で引越し成功!

先月、家族5人での引越しを無事に終えることが出来ました。

単身赴任での引越は今までも数回やったことがあったのですが、家族での引越しは今回が初めてだったので、色々大変なこともありました。まずは引越し業者選び。単身の時は、クロネコさんだったり日通さんだったりにお願いすることが多く、何となく段取りも分かっているので特に大変なことはなかったのですが、家族での引越しとなると、どうやらクロネコや日通さんよりも、引越し専門の業者さんに頼んだ方が良いのでは?という気がしてきて、大手業者を中心にインターネットで調べてみました。

アート引越センターやサカイ引越センター、アリさんマークの引越社などの大手業者はやはり家族向けのプランも色々充実していて、正直かなり迷ってしまいました。そこで私が利用したのが、一括見積りです。大手だけでなく格安で引越しが出来るという中小業者も含めて一括で見積もりができるとのことだったので、早速やってみました。

連絡がきたのは4社くらいだったの思います。見積もり依頼スタートのボタンを押してから、本当に1時間も経たないくらいの間に4社すべてから連絡があり、電話で見積もり金額を提示して頂きました。ほかの業者にも問い合わせしてありますと伝えると、業者側から他社よりも安くしますという値引き交渉があり、最初の見積もり金額よりも安くなるところがほとんどでした。その中でも一番印象が良く、料金的にも安心できたのが、ハトのマークの引越センターです。

実は、大手業者にも関わらずその存在自体をあまり認識していなかったので、最初は中小業者かなと思ったのですが、ネットですぐに口コミや知恵袋などを見てみると、ひょっとしたらアートやサカイと並ぶくらいの大手業者だと知ってびっくりしました。

そのままハトのマークの引越センターと交渉し、無事契約が成立しました。選んだプランは、「標準プラン」という一番スタンダードなプランです。荷造り・荷解きは家族で行うというプランなのですが、梱包用の資材をハトのマークの引越センター側が用意してくれるというのが大きなポイントです。節約プランというのもあるのですが、これは資材の調達を自分たちでしなければならないので、実は手間がかかってしまうようです。うちの場合は、5人家族の引越しだったので、必要な段ボールの数もかなり多く、ガムテープなども業者さんが用意してくれたので非常に助かりました。

 

大型の家具、所謂タンスやベッドなどはすべて当日にハトのマークの引越センターのスタッフさんが梱包から搬出・搬入までをやってくれました。私たちがやったのは、引越し当日までの荷造り準備と、引越し後の荷解きだけです。十分それだけでも骨の折れる作業ではありましたが、料金も良心的な額でしたし満足しています。

 

ハトのマークの引越センターの引越では、エコプランという引越しの方法がとられています。環境にやさしい引越しです。エコプラン用のボックスにはマジックテープが使われていたり、テレビなどに使う梱包資材は段ボールではなくリユース資材に。また、すごく助かったのが、引越し後の資材回収です。ごみとして捨てる段ボールは、指定の日にすべて引き取ってくれるのもエコプランのうれしいポイントです。

ハトのマークの引越センター。かなり良い引越し業者さんだと思います。