引越しの方法ってどれだけある?短距離、長距離、一人暮らし、家族など

このページでは、基本的な引越しの方法について紹介していきます。単身引越し、長距離の引越し、短距離の引越し、ファミリーでの引越しなど、それぞれのタイプに応じて色々な引越しの方法があるので、是非チェックしてみましょう。

単身引越しの方法

単身引越しの場合は、単身パックを利用するのが一般的かつ、安い料金で引越しを済ませることができるおすすめの方法です。業者でいうと、クロネコヤマトや日通などが最も有名です。サカイ引越センターにも単身専用のコースが出来たので、そちらも要チェックですね。

単身引越しの場合は、荷物が少なければ少ないほど料金も安くできます。単身パックを使う場合、日通やクロネコヤマトは、専用のカーゴ(ボックス)を使います。このカーゴに荷物を積み込むのですが、カーゴの数が増えてしまっては、料金も高くなってしまうので、出来るだけ荷物を減らし、1つのカーゴで済ませられるのがベストです。単身パックは、基本的にカーゴ単位で料金が固定されているので、使用するカーゴの数が少ないほど得をします。

また、ダンボールだけを運びたいという場合は、通常の宅配便による引越しも可能です。ゆうパックやクロネコヤマトの宅急便などですね。しかし、この場合だと、ダンボールが10個までなら安く済みますが、20個のダンボールを郵送で運ぶなら、単身パックの方が料金は安くなるようです。荷物が少ないと言っても、自力での引越しや郵送での引越しにはそれなりに労力もかかるので、単身パックがどれくらいの料金がかかるのかを一度見積もりを取ってから、他の方法を検討するようにするとよいでしょう。

 

家族の引越し方法

家族で引越しをする場合には、引越し業者に依頼するのが一般的です。いくら荷物が少なくても、大型家具や家電類を自力で運ぶのはかなり大変ですし、故障やケガなどの恐れもあります。よほどのことがない限り、引越し業者に依頼するようにしましょう。

引越し業者に依頼する場合には、どんなプランを選ぶのかが重要です。業者にどんな作業を依頼するのかで料金は大きく異なるので、料金を安くしたい方はなるべく自分たちで作業を行うプランを選びましょう。

大抵の業者でよくあるプランでいうと、すべての作業を業者に依頼するプラン、荷解きだけ自分たちで行うプラン、荷造り・荷解きを自分たちで行うプランの3つがあります。全ての作業をお願いする場合は、もちろん一番料金が高くなります。逆に、荷造りと荷解きを自分たちでやるコースは、料金をかなり節約できます。業者によっては、大型家具のみを運んでくれるコースや、食器類の作業に限定して依頼できるコースなどもあります。

あなたの家族の構成や忙しさなどに応じて、最適なコースを選ぶようにしましょう。

 

距離別の引越し方法

短距離の引越し

短距離の引越しとは、同一市内、同一区内、隣り合った市から市への引越しなどを指します。距離でいうと、20キロ~30キロ以内の移動くらいを目安にしましょう。短距離の引越しの場合は、短距離専用のプランを使うのがおすすめです。アリさんマークの引越し社には、ミニ引越しプランという短距離専用のコースがあり、荷物の量に応じて3つのタイプから最適なコースを選ぶことができます。

また、短距離の引越しでは、移動距離が短いため、その日のうちに引越しを済ませることができます。日通の「単身パック当日便」は、その日のうちに作業を終えることができる短距離専用の単身パック。忙しいサラリーマンなどに非常に人気です。

荷物が少ない場合は、レンタカーによる引越しも、短距離ならば十分可能です。移動距離が短ければ、軽トラックでも複数回往復をすればその日のうちに作業をすべて終えることも可能でしょう。

 

長距離の引越し

長距離の引越しの場合は、料金を節約できるプランを選ぶのが理想です。長距離の引越しに使えるおすすめのコースは、「混載便」や「帰り便」、「コンテナ便」などのコースです。混載便は、サカイ引越センターの「ご一緒便コース」などに代表される方法で、1つのトラックにいくつもの引越しの荷物を積んで運ぶという方法です。荷物の到着に日数がかかってしまうのが難点ですが、料金はかなり安くなります。中小業者などの場合は、混載便の利用で料金が半額相当になることもあります。

「帰り便」とは、引越しを終えたトラックが帰りの行程も引越しに使うという方法です。例えば、東京から広島までの引越しを終えたトラックが、広島から東京へ戻る際にも、トラックに荷物を積んで引越しを行うという感じです。こちらも、日程や時間指定などはできないこともありますが、料金は安くなります。

「コンテナ便」は、鉄道の輸送を行う方法。アリさんマークの引越社には、長距離専用コースとして、このコンテナ便を利用する「長距離エコリーズナブルパック」があります。長距離引越しを、トラックによるチャーター便で行うと、便利な反面、料金は高額になってしまいます。荷物が多いけれども料金を抑えたいならコンテナ便の利用も視野に入れておきましょう。

 

まとめ

4つの引越しタイプにおすすめの引越し方法を紹介してきました。もちろんここで紹介した方法以外にも、色んな方法やプラン、コースなどがあります。必ず見積もりを取って、サービスや料金を見比べてから最もあなたの引越しに合った方法を選ぶようにしましょう。

 

大手引越し業者3社の評判をまとめて紹介!

進学や就職、転勤や結婚など、人生には新生活を迎える機会が多くあります。またそれらの機会と密接な関係にあるのが引越です。引越を予定していてもどこの引越業者に依頼していいのか分からず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。皆さんが引越業者を選定する際の判断材料になるよう、こちらでは大手引越業者である「サカイ引越センター」「アート引越センター」「アーク引越センター」の評判をまとめて紹介していきます。

 

サカイ引越センターの評判まとめ

・見積もり対応が早い(良い評判) サカイ引越センターの評判の中で一番多く目にするのが「見積もり対応が早い。」という内容のものです。「数社に見積もり依頼後、一番最初にアポを取ってきたのがサカイ引越センターだった。」という声が多く、それを理由にサカイ引越センターに決めた方も多いようです。急な引越であれば前準備にゆっくり時間を使うわけにもいきませんから、対応が早いことは引越業者を選ぶうえで重要なポイントになってきます。営業がとても熱心で見積もり訪問の際にお米をプレゼントされることもあるようです。

・作業のスピードが速い(良い評判) 作業のスピードが速いという評判も多いです。「自分が手伝う隙も無かった。」や「自分が見積もっていた時間の1/3の時間で作業が終了した。」などという声があがっています。大家さんの立ち会いや鍵の返却など引越の際にはやらなければならないことがたくさんありますから作業のスピードが速いというのは大変助かることです。スピードが速い他、作業完了時に「他に手伝えることはありませんか。」という親切な声かけもあるそうです。

・営業が少し強引(悪い評判) 「見積もり訪問の際に即決を求められた。」や「他の引越業者も検討している旨を伝えた際に話を逸らされた。」などという声もあがっています。サカイ引越センターの営業にはノルマが設定されているのでしょう。対応が早いのはとても助かることですが、何社か見積もりを取って決めたいと考えている方には不愉快に感じるかもしれません。しかしその場で契約を貰いたいが為に、即決値引きを行ってくれることもあるそうです。デメリットでありながらメリットであるとも言える点です。

 

アート引越センターの評判まとめ

・作業員が礼儀正しく爽やか(良い評判) アート引越センターに多い評判が「作業員さんが礼儀正しい」や「作業員さんが爽やか」といったものです。作業員への教育がしっかりと行われているのでしょう。社長が女性であるアート引越センターならではの特徴かもしれません。いくら作業員の手際が良くても、態度が悪ければ気持ちよく新居での生活をスタートすることが出来ません。作業員が礼儀正しいことは重要なことです。

・営業の人の説明が親切丁寧(良い評判) 「営業の方がプランや料金を細かく説明してくれた。」や「営業の方の対応が紳士的。」という評判も多いです。強引な押し売りは無く、料金プランやオプション料金についてきちんと説明してくれたうえでこちらの判断を仰いでくれるようです。引越で注意しなければならないのが予期せぬ追加料金が発生してしまうことです。見積もりと実際の料金に大きな差があっては困ります。この点アート引越センターは信用出来る引越業者であると言えるでしょう。

・電話対応が悪い(悪い評判) 「コールセンターの対応が遅い。」や「電話担当の態度が悪い。」という声もあがっています。問い合せに対するレスポンスが遅かったり、連絡事項の伝え忘れがあったり、またその際に謝罪がなかったりというケースがあるようです。引越業者とのやりとりは営業の方と直接行うのではなくコールセンターを介して行うことになります。電話対応が悪いのはマイナス点になると言えます。

 

アーク引越センターの評判まとめ

・物の扱いが丁寧(良い評判) アーク引越センターの評判に多いのが「丁寧に物を扱ってくれた。」や「しっかりと養生をしてくれた。」といったものです。引越においてのトラブルで多いのが物の破損や紛失です。テーブルや棚は傷が付き易く、椅子のキャスターや洗濯機の部品はよく無くなります。それらの問題が起こる可能性を低くする為には物を丁寧に扱うことや部品をきちんと養生をすることが必要になってきます。アーク引越センターはそこに重点を置いて作業を行ってくれるようです。

・見積もりが正確(良い評判) 引越業者に支払う金額は引越完了後に確定します。多くの引越業者さんにおいての評判では見積もりと実際の金額に大きな差があったというものをよく目にします。見積もりよりも大きく安くなってくれれば良いのですが、高くなるケースが多いようです。その点アーク引越センターの事前見積もりは正確で、支払い金額が見積もり金額を超えることはほとんど無いようです。見積もりに信頼をおける引越業者であると言えるでしょう。

・事後対応が悪い(悪い評判) 「床に傷が付いた為連絡したが、その後こちらから確認電話をかけるまで返答がなかった。」という声もあがっています。その時に限ったことなのかもしれませんが、もしかすると事後対応が疎かになりがちなのかもしれません。引越は引越業者にとってはその日1日だけのことかもしれませんが、利用者にとってはその先の生活に大きく影響するものです。引越当日までの仕事を一生懸命やってくれるのは有難いことですが、その後の対応をしっかりと行うことも大切なことです。