フリー便について

引越し業者のプランの中に、「フリー便」というものがあります。簡単に言うと、“時間指定が出来ないプラン”となります。業者が都合の良い時間に来て引越し作業をスタートするというものですね。もちろん時間の都合がいつになるか分からないプランですので、料金は安くなります。時間のある方や、運ぶ荷物が少なくて作業時間が短くて済む方、料金を出来るだけ安く抑えたい方などにおすすめのプランです。ここでは、そんなフリー便について、少し詳しく紹介していきたいと思います。

 

出来るだけ安い料金で引越したい場合は「フリー便」を

引越しをするときには荷物を新しい住居に運ばなければなりませんが、主な方法は2つで自分で運ぶか業者に依頼するかになります。自分で運ぶ場合には時間も自由に使うことができ、気兼ねなく荷物を運ぶことができます。しかし一人では運ぶことができない荷物などもあるため、友人などに手伝ってもらう必要があったりその日のうちに終わらない可能性もあります。

一方で業者に依頼することは、引越しに慣れているスタッフが荷物を運んでくれるため、スムーズに移動させることができ室内を傷つけずに作業をしてもらえます。しかし業者に依頼するときに考えてしまうことが料金になり、できるだけ安く抑えたいと考えることが多くなります。そのような場合に適しているものが、フリー便プランになります。

 

フリー便プランのメリットとは?

フリー便プランのメリットは、引越しの費用をできるだけ安く抑えるときには有効なものになりますが、どのような仕組みなのかを理解した上で選ぶことが大切になります。

フリー便とは引越しをする日にちだけを業者にして、作業を始める時間は業者が決めることができるものになります。そのためフリー便の場合には、午前中に他の引越しを終えてから作業にくることが多くなり時間も決まっていないため、料金が安くなるという仕組みになっています。

フリー便のデメリットとは?

このように料金が安くなるというメリットがありますが、何時にくるのかの確認ができないことや作業スタッフが疲れきっていることが多いというデメリットがあります。前の現場が終わらないと来られないため時間の確認ができず遅い時間になってしまったり、スタッフが疲れきっているため作業スピードが遅くなったり周りへの配慮がおろそかになってトラブルが発生する可能性もあります。

そのためフリー便を使う人は引越しに慣れている人や荷物が多くない人、引越し先が近場であったりその日のうちに荷物を移動させられればいい人などにおすすめされます。 フリー便はメリットもデメリットもあるので、それをよく理解して利用するようにしましょう。

 

家族の引越しに使いたい便利なオプションサービス(業者ごとのサービスの違い)

家族での引越しは、単身者のそれとは違って煩雑な手続きが多く、まさに一家の一大事です。子供の転校手続き、全員の職場の手続きなどもあります。荷物が多いため、引越し費用も高額になりがちです。料金を比較して少しでも割安の業者を選ぶことも大切ですが、業者ごとに提供している様々なオプションサービスも是非活用したいところです。

単身者向けのオプションサービスが充実している業者は、単身者の引越しを得意としている業者です。逆にファミリー向けのオプションサービスが充実していれば、ファミリーの引越しに適した業者だと言えるでしょう。オプションサービスから業者を選ぶというのもひとつの方法です。


オプションサービスは費用や内容など、業者によって実にさまざまです。不要品の処分を有料で引き受けているところもあれば、有料どころか買い取ってくれるところもあります。まだ使えるが、新居には持って行きたくない、という大型家具がある場合は、買取サービスを行っている業者を選ぶと良いでしょう。子供の勉強机や衣装ダンスなど、子供の年齢によってはちょうど不要になるタイミングと引越しが重なることがあります。そんな時に便利なサービスです。
ハウスクリーニングもほとんどの業者がオプションサービスとして提供しています。新居はもちろんのこと、旧居の掃除もオプションサービスを使えばとても楽です。家族が多いと部屋数も多く、掃除も大変ですから、お財布と相談しながら利用したいサービスの1つです。業者によってはハウスクリーニングの業者と提携していて、徹底したプロの清掃サービスを受けることができます。中古住宅を購入して引越し、という人は、ハウスクリーニングに力を入れている業者を選ぶのが賢明です。


そのほかペットの輸送、自動車の輸送などを行っている業者があります。ペットの運搬は、標準の引越しプランでは、ほとんどの業者が行っていません。大型犬がいる家庭や、ペットの多頭飼いをしている過程に便利なサービスです。

学生さんは学割プランで安く引越し

住まいを引越すときは部屋の中にある荷物を全て運び出さなければなりませんから、人員とトラックが必要です。荷物が少ない一人暮らしの方でも冷蔵庫や洗濯機などの大型家電があるので、引越し業者に作業を依頼することになるでしょう。


引越し業者の料金は荷物の量や移動する距離などによって決まりますが、単身者向けのプランはファミリー向けのプランと比べて安い料金で契約できるという特徴があります。それでも数万円の費用がかかってしまうので、できるだけ低いコストで利用できる業者やプランを選ぶことが大切です。


同じ一人暮らしでも学生さんの場合は学割が適用される場合があります。社会人と違って十分な収入を得ることができませんから、学割プランのある業者を探して賢い引越しを実現しましょう。まずは学割プランが利用できる業者をいくつかピックアップして、それぞれの業者の特徴やメリットをチェックしていきます。運べる荷物の量やサービスの内容に納得できたら料金を提示してもらいましょう。

一つの業者だけでなく複数の業者に見積りを依頼すると、どの業者が一番お得かを簡単に調べることができます。学割プランを利用する際は学校名を知らせたり学生証を提示することになるでしょう。


どの業者でも学割プランを用意しているわけではないので、割引プランがない場合は少しでも安く抑えるための工夫が必要になります。引越しする曜日や日にちによって料金が大きく変わってくることが多いですが、特に繁忙期となる年度末は料金が高くなることが一般的です。繁忙期を避けて日程を組んだり、平日や午後を選ぶと値引きされた料金で利用できてお得です。午後の時間帯に引越しを希望する方は少ないですが、一人暮らしなら荷物の量も多くはないので大きな支障にはならないでしょう。

引越し業者の種類と特徴(大手・中小・専門・兼業)

引越し業者は様々な形態があり専門で行なう業者や貨物などの輸送業務の1つとして行なっている兼業業者があります。


引越しの専門業者は車両や資材、業務を行なうスタッフに充実した教育などが行なわれており、スタッフの対応も安定している業者になります。


それ以外にもオプションサービスで荷造りや荷解きなど専門業者ならではのものがありますが、スタッフのレベルが安定していることもあり料金や価格は兼業業者よりも割高になります。


兼業業者の場合では引越しの依頼があった場合のみ引越し業務を行なう業者になり、必要最低限の資材などは準備されていますが作業に慣れていないスタッフが対応することもあります。そのため専門の教育を受けたスタッフがいないため、料金なども専門業者に比べ安くなります。


また引越し業者にも全国展開している大手業者や地域に密着している中小業者などがあり、それぞれで特徴が違います。


大手業者は全国展開していることはもちろんCMなどで認知度も高いため信用度もあり、全体的に高水準のサービスを提供しているものになり、料金などもその分高くなっています。


しかし繁忙期などは正規スタッフでは人手が足りなくなるため、アルバイトスタッフを雇っている業者も多くあります。


地域密着型の中小業者は引越し業者の中でも数が多く、需要も大きいため料金の差が激しくなりますが料金は安く済むところが多くあります。また短期間で多くの依頼を行なっていくため、経験豊富なスタッフが育ちやすく満足のいくサービスを受けることができます。


このように引越し業者にはさまざまな形態があり、業者を選ぶ際にはそれぞれの特徴を踏まえ自分に合ったサービスを受けられる業者を選びましょう。