おすすめのインターネットプロバイダはどこ?

このページでは、昨今のインターネットプロバイダ業界について知識や、通信回線、料金プランなどについて説明しています。是非参考にしてください。

 

ひかり回線と通信料金について

2015年から大手の通信会社では、ひかり回線を各インターネットネットプロバイダへ卸売りができるように変更しています。その結果として、インターネットネットプロバイダではひかり回線のネット接続料金と通信料金を一括で取り扱えるようになっています。

 

ひかりプランが安くなっているところを選ぶ

そうした利便性が出ているだけに、今はインターネットプロバイダを変更しやすい環境が生まれています。おすすめのプロバイダとしては、ひかりプランの全体の料金が従来よりも安くなっているところが挙げられます。1社で光プランのすべての決済ができることになったため、全体の料金を下げて自社のプロバイダを選んでもらう競争が起こっているからです。しかし、光プランの月額の料金が安くても、通信回線が細い場合は会社を変更することはおすすめできません。通信回線が細いと夜などの通信回線が込む時には、インターネットが繋がりにくくなる恐れが出てくるからです。

 

やっぱり大手が安心?スマホとセット割でお得に

したがって、プロバイダとしては過去に実績のある大手を選んだ方が無難となってきます。大手であれば通信回線が太いために、ネットに繋がらないリスクがなくなってきます。大手のプロバイダの中においては、モバイル通信サービスも同時に提供しているところがおすすめとなります。

モバイル通信を提供している会社では固定のひかり回線とスマートフォンを同時に契約すると、スマートフォンの通信料金が割り引きになるプランが用意されいるからです。この固定回線とスマホのセット割りを利用すると、毎月のスマートフォンの利用料金を1000円以上節約することが可能となってきます。

したがって、モバイル通信も行っているプロバイダであれば、スマートフォンの料金が安くなる分、お得です。さらにモバイル通信を行っている会社では、固定回線やスマートフォンのサービスのほかに電力のセット割りを申込むことが可能です。この電力のセット割りを申込むことで、通信と電力のトータルの支払い金額を節約することが実現できます。

たくさんのインターネットサービスプロバイダがありますが、スマホとのセット割を行っている会社や、電気料金とのセット割がある会社などを優先的に探していくと、料金を節約できると思います。

引越しまでに節約!10万円貯めるなら何をすべき?!

引越しを予定しているならまず、自分の持ち物を点検して荷物やモノを減らすことを考えましょう。持ち物を減らすことは引越し費用の節約につながります。大きな家具類ならその効果は大きいです。しかし、それらの大きな家具類は、不用品として自治体などの粗大ゴミ回収に出すとすると費用が掛かりますが、引き取り手が見つかれば費用も掛からず逆になにがしかのお金になります。インターネットで検索すれば、オークションなどに関するいろいろな情報がわかります。

また 不要品買取業者もたくさんありますからそれを利用するのも一つの手段です。バッグや時計、洋服などのブランド品は、高く売れる可能性も大いにあるので、もう使わない、着ないブランド品は、査定してもらいましょう。最近では、自宅まで無料で訪問査定をしてくれる買取り業者もあるので梱包をする余裕がない忙しい人にはとても便利です。これらで得たお金は無駄に使わずきちんと貯金しておきましょう。

10万円をためるコツは一度に大きな金額を貯金するのではなく、少額を何回も貯金することです。“チリも積もれば山となる”で気がつけばたまっていたというのが理想です。衣類などもこの際整理しましょう。ブランド品で新品同様のものでも実際に使用せず眠っているバックや衣類などは買取ショップに持ち込んでみたり、先ほどのように訪問査定を依頼してみたりしましょう。この方法はモノによってかなり高価な値段が付くことがあります。迷わずどんどん処分することが大事です。

本も同じです。古本は普通あまりお金にならないと考えがちですが、絶版になっている古い本に定価以上の値段が付くのはよくあることです。蔵書の多い人なら古書店が出向いて一括で査定してくれる場合もあります。

いらないものを整理してお金になるのはうれしいことです。身の回りもすっきりし、実際の引越し時の時間と労力も節約できます。そのためには取り掛かる時期に余裕を持たせることが大切です。時間があれば有利な条件で持ち物を処分できるからです。

 

荷物の整理の次には、自分の消費生活を見直します。無駄遣いを減らすのが節約の第一歩です。日用品は定価ではなく、特売などの情報をキャッチして買うようにします。電気・水道・ガスなどの水道光熱費も、つけっぱなしにしていたテレビをこまめに消したり、お風呂はなるぺく全員が続けて入るようにして保温機能をできるだけ使わないようにする、シャワーも出しっぱなしにしないなどに気を付ければかなりの節約になります。外食を減らして家での食事を増やせば栄養的にもメリットがあり安価です。

日常生活の中で、ついつい使ってしまう細かな支出を少しずつ減らしていくことで、財布の中のお金はなかなか減らなくなります。出先で毎日飲み物を2本ほど買っているのであれば、それを家から水筒にお茶や水を入れて持ち歩くようにしましょう。これだけでも約1万円の貯金ができます。

ほんの少しの積み重ねをすることが節約の一番のポイントです。いきなり貯めようとせずにコツコツと貯蓄を増やしていきましょう。

 

 

日頃から実践できる3つのおすすめ節約術

普段の生活で意外とお金がかかってしまう光熱費。ガス代、電気代、水道代、この3つはよく考えて使うことで節約することができます。ガス代、電気代、水道代の中で最も節約できるのがガス代といえます。そこでガス代の3つの節約方法をご紹介したいと思います。


ガス代で最も使用料が高くなるのがお風呂です。基本的に水を沸かすということは時間がかかり、その分ガス代もどんどん加算されていくのです。

そのためお風呂は沸かすよりも溜めることがおすすめです。お湯を沸かす場合とお湯を溜める場合を比べると、倍以上の時間がかかるのです。蛇口からお湯を出して浴槽に溜めるようにしてみましょう。さらにお湯の量は浴槽の60パーセントほどで止めるようにしましょう。そして家族全員の入浴時間がバラバラだと沸かし直しをしなくてはならず、料金がかさみます。できるだけ家族全員が間をあけずに、できれば何人かでまとめてはいってしまうと節約につながります。そしてシャワーだけで入浴を済ませてしまっている人も多いかと思いますが、シャワーでは体全体を温めるには、かなりお湯を浴び続けなければなりません。特に冬の寒い時期には、浴槽にお湯をはった方が節約につながるといえるでしょう。


次に給湯器のガス代の節約方法です。給湯器の節約ポイントは設定温度を下げることです。給湯器を一番使うのは冬場の食器洗いが多いでしょう。冷たい水で食器を洗うのは辛いのでお湯を使う人も多いでしょう。この時にいくら冷たいからといって42度で洗う必要はなく、37度でも十分温かいと感じるでしょう。設定温度が10度違うと、1分あたり1円料金がかわってくるのです。


そして3つめには近年利用する人が増えてきた床暖房があげられます。床暖房の場合にはタイマー機能を利用して、必要な時にのみ床暖房を使う方法をとると、かなりの節約につながります。1日8時間使っていたものをタイマー機能により4時間に減らすことで、ひと月に2千円ほど変わってくるのです。

段ボールで料金節約は可能?

引越しの際に出来るだけ費用を安く抑えたいと考えるのはどなたも考えることですが、費用を抑えるためにはまず荷物の量を減らして運送する段ボールの数を減らすのが良いでしょう。


引越しの料金は使用するトラックの大きさ、つまり荷物の量で大きく変わってきます。
家電や家具を減らすことが難しいのであればその分、荷造りした段ボールの数を減らしてコストを節約するようにしましょう。


そのためにも不用品、読まなくなった雑誌、一年以上来ていない衣類などをどんどん整理して室内の荷物を少なくすることが大切です。こうしておけば、新居で生活をスタートした時に余分なものがないスタイリッシュな空間を演出することもでき、一石二鳥です。

また、出来るだけ引越し費用を安くするために出来る工夫は他にもあります。
例えば引越しするシーズンや時間帯です。


転居が一番活発になる年度末の3月は業者も忙しいので料金が下がりにくいということがあります。そこで可能ならハイシーズンを避けて引越しをすると値引き交渉もしやすいというメリットがあります。


また多くの方が引越しを希望するの曜日が会社が休みの週末です。
もちろんこの週末の料金は値下げしにくくなりますので、可能であれば、平日に引越しを希望すれば値下げに応じてもらう可能性もあります。


同様に午前中に業者に運搬してもらい、午後にゆっくり荷解きをしたいというのは多くの方が希望することですから、こうした時間帯の希望を出さずに、業者にお任せすると業者は都合の良い時間帯に引越しを入れてくる代わりに、料金を値引きしてくれることもあります。


このような段ボールの数、荷物の量を減らすという工夫の他にもシーズンや時間帯をずらすことでより有利な価格で転居することができます。