引越しの際の荷造りのコツ

引越し費用は荷造りの仕方次第で節約することができます。一般的に引越し業者に依頼する場合は段ボールの数によって料金が変わります。重さで決まるものではありません。ですので段ボールの数自体を節約することが大事です。コツさえつかめば同じ荷物の数でも格段に料金が安くなります。


ポイントその一ですが、まず大きなものから段ボールに詰めるようにしてください。最初に小さなものを入れてしまいますと大きなものを入れられなくなってしまいます。小さなものは大きなものを入れたあとに隙間を埋めるように入れるといいでしょう、これだけでもかなり段ボールの数は少なくなります。


そして二つ目は箱や容器などは必ず中を入れたままで段ボールに入れることです。それもできるだけ中がいっぱいになるように入れてください。普段その箱の中に入れていないものでもパンパンになるまで入れるのがコツです。こうするだけでもかさを小さくできます。

他にも長いブーツは型崩れさせないために中に新聞紙を入れる方もいるかと思いますが、雑巾などを入れるといいでしょう、新居で雑巾を使う方も多いと思いますが新聞紙でなく雑巾を入れておくことで型崩れもなくさらに雑巾の分のかさを節約できるのもいいところです。


三つめのポイントは荷物の入れ方にあります。靴などを入れる時には同じ方向に入れるのではなく互い違いになるように入れたほうが隙間なく入れられることが多いのです。


勿論段ボールの中があまりにも重すぎますと運んでいる途中で中身が出てしまうこともありますのでしっかりとガムテープで段ボールを組み立てることが大事です。また、荷造りの前にいらないものは徹底的に断捨離するようにしましょう。これでかなり節約になるはずです。